わたしのまいにち

ほぼ日手帳、手帳の使い方、無印良品のインテリアを紹介するブログ

トリンコ買いました。高橋書店から新たに出た1日1頁B6手帳のレビューを書くよ

トリンコレビュー

トリンコ買ってみました。「トリンコってなんぞや?」と思われますよね?

カモノハシをスペイン語でornitorrinco(オルニトリンコ)と言うらしいのです。カモノハシと言えば高橋書店のイメージキャラクター。だっらーんと寝そべった、あのカモノハシさんです。

老舗中の老舗、手帳界のドン高橋書店さんもとうとう1日1ページに乗り出したのですね。

 

テチョラーの私は、すでに2019年の手帳はほぼ日カズンを買っているにもかかわらず、購入してしまいました。

 

私が購入したトリンコ1の中身を紹介

トリンコ1

  • B6変型 1日1ページ
  • 182×120ミリ
  • 月曜始まり
  • 価格 1800円(税抜き)
  • 6色展開(ネイビーブルー、セピアグレージュ、マスタードイエロー、ペールブルー、スモーキーホワイト、スモーキーピンク)

1日1ページのトリンコ1のマスタードイエローを購入しました。

開封してみて、思っていたのとちょっと色が違ったのでびっくりしました。もう少しはっきりとした黄色だと思っていたんです。

浅はかなことに、金運アップのために黄色を選んだんですが、黄色ではないです。でも、ニュアンスカラーというのかスモーキーカラーというのか、少しくすんだ落ち着いた色で、おしゃれだなと思いました。

カバーはツルツルでもないザラザラでもない、少し引っかかりのある感じのソフトレザーで、手になじみやすいです。

ほぼ日カズンとの比較

B6変形なので、同じような1日1ページのエディットとほぼ同じサイズです。エディットは持っていないので、私が持っているほぼ日手帳カズンと比較してみました。

ほぼ日重さ
トリンコ重さ

ほぼ日は486グラム、トリンコは322グラムでした。ほぼ日にはこの上にさらに皮カバーをかけますので、700グラムを超えてしまいました。重いですね。

トリンコはカバーがついた状態で、この重さですので、だいぶ軽く感じます。これなら持ち歩けるギリギリの重さかなという気がします。

ほぼ日とトリンコ厚さの比較

カバー部分を除いた本体の厚みは、トリンコにはウィークリー部分がないのにも関わらずほぼ同じですね。

 

ほぼ日カズンの総ページ数は544ページなのに対して、トリンコは432ページ(どこにも情報がないので数えました)。
ほぼ日に使われているトモエリバーに比べると厚みのある紙なので、手帳全体の厚みも厚くなるようです。 

背表紙としおり

背表紙

背表紙には上部に2019、下部にtorincoと書いてあります。本棚に収まっていてもわかりやすそうです。文字の色は赤です。しおりは濃いグレーと薄いグレーの2本ついています。

torinco 1の中身

項目 ページ
中表紙 1
2019カレンダー 2
2020,2018カレンダー 3
年間インデックス 4,5
YEARLY VISION 6
MONTHLY EVENTS 7
月間カレンダー12月~3月 8-39
デイリー1月1日~12月31日 40-404
メモページ 405-416
ID,PASSWAORD LIST 417
RAILWAY SUBWAY MAP 418-425
WORLD TIME CHART 426,427
JAPAN MAP 428,429
NATIONAL PARK 430
AGE CHART 431
PERSONAL DATA 432

表紙を開くと、ベージュより少し濃い色をした厚紙があって、中表紙があります。

 

その次のページに3年分の年間カレンダーがあります。2019年分が1ページ、2020年と2018年で1ページ使っていて、見開きで3年分見ることができます。

年間インデックスと年間プランのページ

年間インデックス
年間プラン

 見開きで1年分の年間インデックスがあります。その次のページはYEAELY VISIONとPLANNING、月のイベントを書く欄があります。

月間予定表

月間予定表

2018年12月から2020年3月までの月間予定表です。見開き1か月です。

1日1ページ

1日1ページ

一見するとエディットかなと間違えそうなレイアウトです。エディットにある有名人の命日や誕生日などの記載もなく、とてもシンプルです。

買うときにはわかっていなかったのですが、エディットと違って方眼です。ほぼ日と比べると大きな方眼ですね。図ってみたら5ミリ方眼でした。

5ミリ方眼

方眼のラインは薄い水色の点々です。薄い色なので主張しすぎることもなく、方眼に沿って絵や文字を書けばいいので便利ですね。

 左端に6時から24時の時間軸があります。その上下にスペースがあるので、必要な人には24時間軸としても使えそうです。

ディリーページは2019年1月1日から12月31日までです。余計なページがないので、「次の年の手帳と被って使わなかったからもったいない」なんてことがなくなりますね。

紙質

私はざらざらした紙は苦手なんですが、このトリンコの紙質はとてもなめらかで気持ちがいいです。薄いのにしっかりしています。 

万年筆で書いてもカリッと引っかかったりすることもなく、なめらかに文字を書くことができました。ツルツルした手触りはずっとスリスリと触っていたくなります。

裏抜け実験

今私が使っている主力ペン、万年筆の裏抜け実験をしました。ディリーページの後ろに12ページほどメモがあるので、そこに書きました。

ペン裏抜け実験

私が普段手帳に使っているシグノ、万年筆は大丈夫でした。

コピックとstabiloは盛大に裏抜けしてしまいました。コピックは次のページもしっかり色がついてしまうほどでした。

パタンと開かない問題

パタンとひらかない

180度パタンと開かないのは、ちょっと気になります。開いたページが勝手に閉じてしまったりはしませんが、180度開かないのは書きにくいかもしれません。

でも、多少雑に扱ってもページが外れたりという問題がないのはいい点ですね。ほぼ日は、いろいろ貼りすぎて太ってくると、年末にはページが破れしてしまうことがありました。

トリンコはしっかり製本されているので、パタンと開かないけれど、破れる心配はなさそうです。 

手帳もお値段もかわいい

トリンコ1は1800円です。税込み1940円。ほぼ日カズンは3780円です。A6のオリジナルサイズでも2160円なのに比べるとトリンコのお値段がかわいくて、嬉しいです。

書くスペース比較

ほぼ日カズンのサイズはA5で、トリンコはB6変形という大きさの差がありますが、ほぼ日には日々のお言葉がページの下に記載されているため、実質の書くスペースは小さくなります。

 

トリンコ1はとてもシンプルな作りで、ページをいっぱい使うことができるのでB6といえど、書くことができるスペースはほぼ日カズンと変わらない気もしました。横幅が少しだけトリンコのほうが小さいですね。

 

ほぼ日とトリンコの比較大きさ

 【緊急手帳会議】トリンコの使い方を妄想中の私

昨日その存在を知って昨日ぽちっとな。それで今日届くなんてすごいです。ニヒルな笑顔が素敵なあのお方のところから購入いたしました。

さっそく開封してニマニマしながら紙の手触りを確かめたり、製本の臭いをかいだり、ページを眺めて使い方を妄想したりと、怪しい行動をしている私です。

 

トリンコ1に書きたいことは?

トリンコはブログ関連と自分の事手帳にしようと考えています。ブログ、語学の勉強、体調などです。軽いので、持ち歩くつもりです。

食事に行った時の感想や、ブログネタになりそうなことを、気づいたときにすぐにメモできたらいいなと思います。

 

カズンは家のこと手帳として使っていますので、トリンコには自分自身に関することを書いていきたいです。 

こっちの手帳には何を書いて、あっちにはこれを・・と妄想している時間が楽しいです。

 

ほぼ日カズンも大好きで、毎日楽しくページを書いていますが、2019年からは新たにトリンコが仲間入りしてくれました。

自分の趣味のことや、マラソンやブログ、語学学習など楽しいことが満載の手帳にします。読んでいただいてありがとうございました。

www.happyreina.com

www.happyreina.com