キッチンツールを減らして使いやすく収納するコツ3つ

長年手つかずにいたキッチンツールを整理して使いやすく収納することにしました。お料理するのは好きなんですが、正直あまり手際がいいとは言えません。たくさんのグッズを持っていたら、手早く上手にできるんじゃないかという妄想に駆られていろんなキッチンツールを持っていました。ほとんど使いこなせていなかったので、この機会に見直して使いやすいキッチンを目指します。

使う頻度で分別。アクセスのいい引き出しに

たくさんのキッチンツール

 まずは基本の全出し

と思ったのですが、今回すべて出してしまうと正直時間が足りません。出して、分別して、掃除して、収納してと思ったら、1日では終わらないかなと思ったので、シンク下の引き出しと、食器棚の引出しと棚のみにしたいと思います。

シンク下引き出し
食器棚引き出し


築40年ですので、キッチンもだいぶ古いです。左側の写真はシンク下の収納に引出しは3つあります。一番上は、掃除用グッズが入っていますので、下2段を片付けます。

右側写真の食器棚は、食器、鍋も入っていますが、今回は引き出しと、100均のプラかごに入れているものだけを片付けます。

キッチンツールすべて


出してみるとかなりの多さにびっくりします。いくつかは結婚してから買い足したものもありますが、独身時代から持っていたものもあります。100均のカゴ収納にして使っていないキッチンツールは詰め込んでいました。

使用頻度で分ける

お料理は時間との勝負です。

どれだけ短い時間で作れるか、忙しいママたちには重要なポイントですよね。時間に余裕のある専業主婦の私も、朝は忙しいです。時短のためには、取り出しやすく、しまいやすい収納であることが大事です。よく使うものは、取り出しやすい1等地に、たまにしか使わないものは、1等地以外の場所に収納します。

1軍

無印ポリプロピレンにキッチンツールを入れる

私にとって1軍なのは、菜箸、お玉、しゃもじ、フライ返し、木べらなどです。無印のポリプロピレン整理ボックス2に入れています。少し長めなので、長いフライ返しなども余裕で入れることができます。これは、真ん中の引き出しに入れました。一番取り出しやすい1等地です。

その後、木べらは処分しました。無印良品のシリコンスプーンが1個3役で本当に使いやすいです。

 

www.happyreina.com

 (2018年11月7日追記)

2軍

魚釣り用のキッチンツール

2軍たちは、毎日は使わないけれど必要なものたちです。夫の趣味は魚釣りで、釣った魚をさばくのは私です。鱗取りや、魚の臭いを取るステンレス石鹸もあります。月に2,3回は使います。これは、一番下の引き出しに入れました。

このステンレス石鹸は本当に臭いが取れます。魚をさばいた後の生臭いにおいが指先から取れなくて困っていたのですが、この石鹸を手にこすりつけて水で流すと全然臭いません。汚れは取れないので、普通の石鹸でも洗う必要があります。

感謝して反省して処分するもの

処分するツール
お弁当グッズ

キャラ弁が流行ったころに私も作ってみたくなって買いました。夫の弁当です。もちろん不評でしたので、1,2度使っただけです。幼稚園生のお弁当なら大活躍したかもしれません。私の家にきてしまったばかりに申し訳ない気持ちでいっぱいです。当時は楽しませてもらったことを感謝して、使わなくなってしまったことを反省して、処分しました。

たくさんのツールを処分したので、プラかごも必要なくなりました。なぜオレンジを買ったのか当時の私の意味がわかりませんが、今まで役立ってくれたことに感謝して処分します。

食器棚の引き出し

 

食器棚引き出し

 シンクから振り返った後ろにありますので、取り出しやすい場所とは言えません。ストックやフキンを収納することにしました。お弁当カップや無印のポリプロピレン袋止めも取り出しやすくなりました。

 たくさん処分したので、がらーんになりました。余裕のある収納はとても気持ちがいいですね。掃除もしやすくなって衛生的になりました。

キッチンツールの処分はほどほどに

ミニマリストを目指すには正直まだ多いと感じています。お玉も2個ありますし、菜箸も5セットほどあります。1個ずつでもやれないことはないですが、それだととても不便だと感じました。

お料理を手早く作ろうと思うと、コンロをフル活躍させます。時には電子レンジも、魚焼きグリルも同時進行です。野菜炒めを作りながら、その横でお味噌汁を作ります。菜箸が1組では、魚の焼き具合を見た後に、一度菜箸を洗って、野菜炒めを混ぜる。また洗って、みそ汁のみそを溶かす。

途中、道具を洗う行程が入ってしまいます。2組、3組あれば、その手間が省けます。後になって洗う手間はありますが、お料理を作るときには時短になります。お料理苦手な人ほど、そのための道具は減らすべきではないなと感じました。

 

 使いやすいキッチン収納のコツ3つ

  • 使用頻度に分ける
  • よく使うものは取り出しやすい場所に
  • 極端に減らさずに自分が使いやすい量をもつ

さて、きれいに使いやすくなったキッチンでおいしいお料理を作ろうと思います。きょうの晩御飯は、さんまの塩焼き。おいしい季節になってうれしいです。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。