ダイソーすべるキズ防止シールが優秀すぎる!

椅子の足に埃が直ぐに溜まってイライラしませんか?どうして椅子の足はあんなに埃をかき集めてしまうんでしょうか。お掃除嫌いな私には、面倒くさくてしょうがない家事の一つが、椅子の足の埃を取る作業。

 

フローリングシートでは取れないので、掃除機にの先にブラシを付けてごしごししながら吸わないと取れません。毎日のことなので、プチストレスが積もり積もってイライラしていました。

 

このイライラを解決する便利なものをダイソーで発見しました。これが本当に優秀で、掃除が楽になった上に、フローリングのキズも防げるという大満足の仕上がりとなりましたので、ご紹介します。

 

ダイソーキズ防止シール
ダイソーすべるキズ防止シール

我が家のリビングの椅子

数年前にネットで購入した椅子を使っています。たまたまリビングが広い部屋に引っ越したことで、ダイニングテーブルを使おうと思ったのがきっかけで購入しました。テーブルは実家にあったので、椅子だけを購入したんです。

 

引っ越しが多いので、次の引っ越し先では使わない可能性もあるので、あまりよく考えずに、お値段と、デザインで選びました。レビューをよく見なかったのが失敗です。

 

埃まみれになった椅子の足の裏を見てみると、フェルトのようなものが張り付いています。フェルトがあるのでフローリングに傷がつかないようになっていますが、ここに埃や犬の毛が絡まってしまうようです。 

ダイソーで発見。キズ防止シール

近所のダイソーを探してみると、すべるキズ防止シールというものが、コーナーにありました。靴下状のものや、フェルトのシールの物などもあります。

 

我が家の椅子の足は、長方形の形をしていたのでこの形のものを選びました。ダイソー店舗にはこの他に丸い形の物や、正方形のものもあり、椅子の形状に合わせて選ぶことができますね。

 

2センチ×7センチの長方形のシートが4つ入っています。表面はプラスチックなのか、ツルツルしていて、滑りやすそうです。さっそく我が家の椅子に取り付けたいと思います。

 

今までついていたフェルトのシールをはがす

まず、もともと付いていたフェルトをはがします。このフェルトは椅子を購入した時にもともと付いていたものです。かなりの粘着力で簡単には、剥がすことができませんでした。

 

そこで、一度ドライヤーで温めてみます。粘着部分は温めるとはがれやすくなるそうですが、なかなか剥がれません。

ドライヤーであたためる

ターボにして一分ほどドライヤーをあててみました。かなりの力で引っ張って何とかフェルトははがすことができましたが、ベタベタが残っています。

 

粘着部分を削り取る

このベタベタをとるのが本当に大変でした。ウェットティッシュで拭いてみたり、重曹スプレーをしてみたりしましたが、なかなか取れません。かなり強力な粘着力です。シールはがしスプレーを用意しておくべきだったと後悔しました。

 

仕方がないので、ベタベタを少しずつ削り落とすことにしました。いらないクレジットカードを使いってカリカリ削り落として、セスキスプレーをしたウエスで拭きとるとキレイになりました。

 

すべるキズ防止シールを貼ってみた

 

キズ防止シール

剥離紙をはがして貼り付けました。粘着部分を触ってしまうと粘着力が落ちてしまうようです。貼り直しができないので慎重に。あまった部分はカッターで切り取り、椅子の形に合わせました。

椅子がスーッと動く

 

床に置いて椅子を滑らせてみました。今までフェルトが貼ってあったので、特に気にならなかったのですが、これはプラスチックっぽい作りのせいか、シャーという音がします。

何も貼らずに動かしたときには、ギギギっという音がしていたので、キズ防止シールを貼ったことで滑りやすくなっています。フローリングに傷がついたりすることもありません。

 

掃除がしやすくなった

掃除をさぼると埃や髪の毛は集めてしまいますが、ツルツルなので、毛が絡まったりすることなく、スルっととれました。今まで掃除機のブラシでゴシゴシしたり、指で引っ張ったりと埃を取るのに苦労していましたが、フローリングシートで簡単に取ることができました。

 

プチストレスを解消して家事嫌いを克服しよう

なにかちょっとした不満を我慢していると、そのストレスはだんだん溜まってきてしまいます。家事は毎日のことですから、少しでも不満を解消していきたいと思っています。

 

今後も、これめんどくさいなとか、使いにくいと感じたものは我慢せずに、工夫して解消していきます。