Web
Analytics

わたしのまいにち

ほぼ日手帳や文房具、専業主婦の手帳の使い方を紹介します。無印良品、カルディ、脂肪燃焼ダイエットなど実際に体験したことを詳しくレビューしています。ミニマリストを目指して、日々断捨離中。シンプルで丁寧なライフスタイルを実現させるためのブログ

わたしのまいにち

ダイエットおすすめ記事
主婦の手帳の使い方
2019買ってよかったものリスト
キャノンインスピックレビュー

今年こそダイエットチャレンジ!カーブスの無料体験行ってきました

カーブス無料体験に行ってみました

3月8日~3月15日までコロナの影響で国内全店舗営業中止です。

 

最近どんどんポニョってきてヤバイ!

そんなに食べてないのに、なぜか体重増加!

若いころとそこまで食生活変わってないはずなのに…

 

きっと基礎代謝が落ちてきてるせいに違いないと筋トレをすることにしました。

スクワットや腹筋、腕立て伏せ。

夫がコレクションしているダンベルを持ち上げるふり。(持ち上げられない)

 

ここのところ筋トレを毎日頑張っていましたが、なかなか効果がでません。

そんなとき、女性専用のフィットネスジム『カーブス』で、1週間無料体験をしているという広告を見つけました。

 

私にぴったりの広告を表示してくるグーグル先生すごいね。

無料だけ、体験だけというつもりで、申し込んで体験してきました。

だけど実はもう入会する気まんまん。

・『カーブス』ってどんなところなの?

・無料体験の予約方法は?

・マシンたくさんあって使い方むずかしくない?

などなど『カーブス』無料体験を受けてきた感想を正直に紹介します。

カーブス1週間無料体験キャンペーン行ってきたよ

自宅から車で10分ほどのところに、ショッピングタウンがあります。

マックスバリュー、マツキヨ、ダイソーなどがあってお買い物にも便利な場所。

そのなかにカーブスがあります。

建物の2階にあって中の様子は見えないんですが、以前から気になっていて…

カーブス無料体験のキャンペーンがあるとホームページで見たので、申し込んでみることにしました。

 

無料体験申込の流れとしては

  • 住所、氏名、電話番号、電話希望日などを記入して申し込む
  • 後日電話がかかってくる
  • 予約した日にカーブスへ行く

という感じ。

 

希望した日に電話がくると、現在の体調や、通いたい理由、運動の経験などを聞かれました。

ウォーキングはしているが痩せないです。少し腰痛があります。

などを伝えて、来店の予約をしました。 

カーブス無料体験当日の様子 

カーブスの入り口

すりガラスの扉を開けて入店。

音楽と、英語のアナウンス、メトロノームの音がカチカチ。

妙齢のご婦人方がたくさんいらっしゃいました。

 

中は仕切りなどない、広い大きな部屋。

カーブス店内の様子

写真は撮影できませんでしたので、イラストです(絵心なし)。

入ってすぐにカウンター。

そこで会員カードをピッと登録して受付します。

今日は初めてなので、そのまま奥まで案内されました。

 

奥に行くとロッカー兼くつばこ。

カギはなくてオープンな状態。

部屋の中どこからでも丸見えなので大丈夫だとは思うけど、貴重品は持ってこないほうが良さそうですね。

ロッカーのとなりに、カーテンで区切られた簡易な更衣室があります。

 

荷物を置いてテーブルに座ると、私の担当になってくださるインストラクターさんがご挨拶。

なんと同い年でした。若々しい!スリム!すっぴん!

 

iPadを使って、カーブスの特徴や、利用方法などを詳しくインストラクターさんから説明を受けました。

その後は、身長、体重、体脂肪率、基礎代謝などを体組成計で測定。

 

私の身体年齢52歳( ;∀;)悪化しとるがな。

 

そして現在の体力を簡単に測定します。

椅子に座って片足で立ちあがるのを30秒間に何回できるかというテスト。

これがまたしんどい!

柔軟、腹筋のテストもしてやっと終了。

体力年齢は30代後半でした。

ちなみに同い年のインストラクターさんは20代前半らしい。

 

 

次にカーブスのマシンの説明です。

カーブスマシンの説明

真ん中にテーブルが置いてあって、ぐるりと囲むように12台のマシン(ピンクの長方形)があります。

 

オリジナルで開発されたというマシンは、油圧式で負荷をかける仕組み。

普通のジムでは、重りを変えて負荷をかけるんですけど、それが結構面倒ですよね。

カーブスのマシンは、動かす速さを変えることで負荷をかけることができるので、いちいち重りを変えなくていいんです。

角度調節もしなくていいので、さっと乗って動かすことができます。

 

マシンの間には、正方形の板(黄色の正方形)が並んでます。

カーブスは筋トレを30秒して、休憩30秒、筋トレ30秒、休憩30秒と繰り返してワークアウトをします。

正方形の板の上で、休憩、足踏みをします。

この板はクッションが効いていて、膝や腰を傷めないようになっています。 

 

無料体験1日目は、いくつかのマシンの説明をして終了でした。

次の日は、インストラクターさんがつきっきりでマシンの使い方を教えてくださるということで、来店時間の予約をして帰りました。

ちなみに、入会した後は予約なしで大丈夫だそうです。

カーブス無料体験2日目

前日の体力テストで、若干の筋肉痛が残る中2日目体験です。

全ての器具の使い方を、インストラクターさんがお手本を見せながら教えてくれます。

私は説明を聞きながら、となりの板の上に乗って足踏み。

 

「Change the stations now」

という英語アナウンスが聞こえたら移動です。(なぜ英語?)

12個のマシンで筋肉を動かし、間に置かれた板の上で足踏みをして休憩、となりのマシンに移るというサーキットトレーニングを2周します。

途中8分に1回脈を測るようにアナウンス。

「Get ready for the 10 second count! 3 2 1 count」(だからなぜ英語)

年齢ごとに目安となる脈拍があるそうで、私の年齢だと18回から20回が一番脂肪燃焼効果がある運動強度になります。

あまり脈が速すぎたら、ちょっとマシンを動かす速さをセーブして、脈が遅かったら、もうちょっと頑張って動かすようにします。

 

12個のマシンと12個の板での休憩を2周して、最後にストレッチ。

12個のポーズをして約6分間のストレッチをしたら本日の運動は終了です。

 

トータルでだいたい30分くらいの運動になりました。

普段使わない筋肉を使ってるので、あちこち痛いけれど、そんなに大変じゃなかった。

だけど、これで300キロカロリーくらいは消費してるんだそうです。

 

カーブス無料体験3日目

3日目はインストラクターさんはつかず、一人でサーキットトレーニングをします。

まだ器具の使い方がよくわからない場合には予約を取ってインストラクターさんについてもらうこともできるそうです。

私は、ジムに通った経験があって、何となく器具の使い方はわかったので、1人で体験しました。

2,3人のインストラクターさんが、いつもそばにいらっしゃるので、わからないときはすぐに教えてもらえます。

 

少し動きにも慣れてきたので、負荷をかけてみました。

カーブスのマシンは、負荷をかけるときは、動かす速度を速めるだけ。

これでかなり筋肉にきます。

重さを変えなくていいって楽。

速度をあげると、マシンが「シューッ」という音がするのがなんか気持ちいいです。

 

12個のマシンをすべて使うと全身の筋肉が鍛えられるようになっています。

1周回ってみて気づいたのは、どうやら私は足がかなり弱いみたい。

腕や腹筋を鍛えるマシンはそれほど大変ではないんですが、足を鍛えるマシンがかなりキツイ。

足は一番大きな筋肉だから、足が弱ってると基礎代謝も落ちてるんでしょうね。

だから最近どんどん太っていくのか! 

カーブスの1週間無料体験に行ってみましたまとめ

カーブスの1週間無料体験に行ってきました。

1日1回30分という短い時間だけど、効果的に筋肉に効いてます。

まだ3日だけど、太ももはちょっと筋肉痛。

足が弱ってたんだなぁと実感しています。

 

ショッピングモールや、商店街などでよく見かけるカーブスは、女性限定のフィットネスジムです。

買い物ついでに、家事の合間に、主婦が通いやすい場所にありますよね。

普通のジムに行ったら2時間は必要だけれど、たった30分で効果が出るっていうのが忙しい女性に人気がある理由かもなぁって思います。

12個の筋トレマシンがあるけれど、どれも使い方は簡単でした。

普通のジムのマシンのように角度調節や重さを変更したりしなくていいので、すごく簡単。

時間も30秒なので、あまりキツさを感じないうちに移動でした。

 

無料体験だけど、一通りすべてのマシンを使って、会員さんたちと同じように参加することができます。

1週間しっかり試してから入会を決められるというのもいいですよね。

 

もう入会する気満々なので、カーブスでダイエット挑戦します。

定期的に現状をさらけ出すよ。

ナイスバディになるからお見逃しなく! 

 

 

カーブスの公式サイトでくわしく見る↓

 

 

 

シンプルライフなブログがたくさん

↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

応援クリックいただけると泣いて喜びます

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

www.happyreina.com

www.happyreina.com

www.happyreina.com