わたしのまいにち

ほぼ日手帳、手帳の使い方、無印良品のインテリアを紹介するブログ

わたしのまいにち

ホンダN-BOXカスタム試乗したよ。ホンダセンシングに感動!|レビュー

スポンサーリンク

ホンダNボックス試乗体験レビュー

増税前に車を買い替えます!

こんにちは。レイナ@happyreina_です。

先日、スズキスペーシアカスタムの試乗をしてきた記事を書きました。 

www.happyreina.com

 詳しい性能などは公式サイトに載っているので、主婦目線で私が個人的にいいと思ったことを書いています。

今回は、そのライバル車と言える『ホンダN-BOXスカスタム』を試乗してきました。

車はまったく詳しくないので、主婦の私が乗るとしたらという視点でレビューします。

ホンダN-BOXカスタム

ホンダNボックスレビュー

今回試乗させていた車は、『ホンダN-BOXカスタムG』

2017年に新しくなって、今では日本で一番売れている軽自動車なんだそうです。

坂道が多い地域に住んでいて、高速に乗ることが多いので、本当はターボ車を希望しているのですが、店頭の試乗車にはターボはついていませんでした。

N-BOXカスタムの外観

Nボックスカスタム前から

前から見たときの顔って大事ですよね。N-BOXなかなか、カッコいい顔をしていると思いませんか?!

ウィンカーをつけると「ヒョンヒョン」って光が流れるタイプです。

レクサスとかベンツとかの高級車についているイメージ!

ホンダの担当の人によると、「軽にシーケンシャルウィンカーがついているのはNボックスだけなんです」とのこと。

ライトはLEDライトらしくて、昼間なのでよくわかりませんが、すごく明るいらしいです。

しかもライトの点灯も、ロービーム、ハイビームの切り替えも自動なんですよ!

夜に試乗してみたい。

ホンダNボックスカスタム後ろから

後ろもいい感じ。後ろのウィンカーは「ヒョンヒョン」と動くシーケンシャルウインカーではありませんでした。

窓にはフィルムが最初から貼ってあって、紫外線は99%カット。さらに車内が熱くなる原因である赤外線もカットしてくれるそうです。

N-BOXの車高は179センチ。これはスペーシアカスタムと同じ高さです。

我が家の車庫にはギリギリ入る高さで、安心しました。

N-BOXカスタムの内装

長いサンバイザーミラー付き

Nボックスカスタム内装

車高が高くて、フロントガラスがとても大きいです。斜め前の柱が細くなっていて、とても視界が広々として感じます。

その分、日差しも入るので、長いサンバイザーがついていました。運転席助手席ともに小さなミラーがついているのがいいですね。

後部座席のロールサンシェード

後部座席のサンシェード

スズキスペーシアにもついていましたが、N-BOXカスタムにもロールサンシェードがついていました。

普段はドアの中に納まっていて、シュッと上まで引っ張り上げて窓の上にあるでっぱりに引っかけると、簡単に日よけできます。

フィルムが貼ってあるので、そこまで重要ではありませんが、夏の日差しが強い時には役立ちそうです。

皮張りのシート、おしゃれなステッチ

助手席シート

スウェードっぽい素材の皮張りのシートです。端っこに白い糸でステッチが入っていておしゃれ!

助手席のシートベルトは座席の肩のところについていました。

このシートはスーパースライドシートなので、普通の助手席よりも前後に大きくスライドさせることができます。

そのためシートベルトが座席についているんだそうです。

スーパースライドシート

こんな風に、助手席の座席と一番前までスライドさせると、前のダッシュボードの下にめり込んでしまうほど動きます。

後ろが広々として、運転席からすぐに後ろの座席に移動することができます。

チャイルドシートでお子さんを後ろに乗せている方には、とっても便利そうですねー。

助手席のトレイ

助手席側にはちょっと物を乗せられるトレイになっています。

これは、私的にはあまり好きではありません。物が見えているより、収納してスッキリさせたいからです。

トレイの右側にUSBがついているので、スマホの充電には便利そうです。

ティッシュボックス

ハンドルの前の方に収納スペースがあって、箱ティッシュを入れられます。通常サイズの箱ティッシュが余裕で入りました。

ハンドルが邪魔で取りにくいかな?と思いましたが、手を伸ばせば、問題なく取ることができました。

スズキスペーシアは、たっぷりすぎる収納でしたが、N-BOXの収納はこれだけです。

助手席前のボックスには車検証を入れたら、スペースに余裕がないです。

収納が少ないのはちょっと気になります。

ガソリンスタンドのカードとか置く場所がなさそう。

広々とした室内

広々な後部座席

軽い力で簡単に後部座席を倒すことができました。

フラットになって、とても広い空間です。

便利だと思ったのは、助手席の背もたれについているレバー!

後部座席からでもこのレバーを引っ張ると、簡単に助手席がスライドできます。

助手席ドアを開けて、座席前のレバーを引っ張って…という面倒さがまったくなくなって、すごく便利!

N-BOXカスタム試乗してみます!!

ハンドル周り

運転席に乗ってみると、まるで普通車に乗っているかのように錯覚します。

スペースが広くてゆったりしていて、座席の座り心地もとてもいいです。

十分な加速 

試乗車がターボではなかったのですが、走りだしはスムーズで、ちゃんとアクセルを踏めば、「ギュンッ」と加速します。

私の家は、急な坂を上った団地の頂上にあるので、やっぱり坂道用にターボがいいかなーとは思いますが、平坦なら加速には、まったく問題ないです。

音がかっこいい

エンジンをスタートさせたとき、シフトレバーをバックにしたときなどに、車内に音がなるんですが、この音がかっこいいです。

言葉で音を表現するのは難しい!

ピンピンでもなくて、リンリンでもなくて、とにかく、なんかかっこいい音がします。

室内はとても静か

エンジンの音や、外の騒音などは、ほとんど聞こえません

すごく静か。ドアの密閉性があるので、外の音を遮断しているんだそうです。

たまたま、試乗中に救急車が通りましたが、ちゃんとサイレンの音は聞こえました。

ホンダセンシングがすごい

事故に遭わない社会の実現を目指して。先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを搭載。 多彩な機能で、より快適で安心なドライブをサポートします。(ホンダ公式サイトより)

フロントガラスのところにカメラ、前後のバンパーにはセンサーがついています。

外の状況を判断して、安全運転をサポートしてくれるそうです。

詳しい性能は公式サイトをご覧ください。

私が試乗中に経験したホンダセンシングのすごさを紹介します!!

標識を読み取って表示

表示パネル

「40」の速度標識が表示されています。

前のカメラで、道路わきに立っている標識を検知しているんだそうです!

トマレや進入禁止なども表示してました。見落としを防げますね。

前の車が発進したら教えてくれる

表示パネル

信号待ちしていて、前の車が発進して数メートル離れるとお知らせしてくれます。

ぼんやりしていて、青になったのに気づかなくても、後ろの車からクラクションを鳴らされるっていうことにならなくていい!

クラクション鳴らされるとびっくりしちゃうから、苦手なんですよね。

衝突回避サポート機能

運転中に、前の車に近づきすぎると警告音がなりました。

とっさのことなので写真は撮れませんでしたが、「ピピピピ」と音がして、お知らせしてくれます。

これは、ある程度の速度が出ている時にだけ、警告音を出す仕組みになっているみたいです。

信号で止まるときに、ゆっくりと前の車に近づくときには、何も音がでませんでした。

速度によって、変化させるのがすごいですよね。

ホンダN-BOXカスタム感想まとめ

良い点

  • シーケンシャルウィンカーがかっこいい
  • 大きく動くスライドシート
  • ホンダセンシングが優秀すぎる
  • 赤外線までもカットしてくれる窓

気になる点

  • 収納が少ない
  • お値段が高い

以上ホンダN-BOXカスタムの試乗体験でした。

最近の軽自動車は、性能もよくなって、大きさも加速も十分で、まるで普通車のようでした。

値段も200万を超えるものなので、先日試乗したスズキスペーシアカスタムと比較してじっくり検討したいと思います。

 

www.happyreina.com