わたしのまいにち

ほぼ日手帳や文房具、専業主婦の手帳の使い方を紹介します。無印良品、カルディ、脂肪燃焼ダイエットなど実際に体験したことを詳しくレビューしています。ミニマリストを目指して、日々断捨離中。シンプルで丁寧なライフスタイルを実現させるためのブログ

わたしのまいにち

手帳に写真シールを貼る1番簡単な方法|スマホ用ミニフォトプリンターを買いました【レビュー】

キャノンインスピック

こんにちは。ほぼ日手帳をこよなく愛するレイナナ@happyreina_です。

ほぼ日手帳9年目となる私は、手帳を書くときに写真を貼っています

絵を描くのが苦手だったり、文章に何を書いていいか分からないという方には、手帳に写真を貼る方法はおススメですよ。

でも、写真を印刷するのがメンドクサイ。

そこで、手帳に貼るための写真シール簡単に印刷できるミニフォトプリンターを購入してみました。

これがもう、すっごい便利でしたので手帳に写真を貼る一番簡単な方法としてキヤノンインスピックをご紹介します。

手帳に写真シールを貼りたいけど、プリントするのが面倒

私は普段、ほぼ日手帳のページに、写真を貼るためのスペースをあらかじめ開けておいて、後で写真を貼るようにしていました。

そうすると、つい写真を貼るスペースを開けるのを忘れていたり、印刷してきた写真とスペースが合わなかったりしてイライラ。

貼りたいと思ったときに写真がすぐに欲しいと思っていたんです。

そうはいっても、簡単に写真を印刷できません。

今まで私がしていた方法は、コンビニのネットプリントを使うか、自宅プリンターを使う方法でした。

コンビニでプリント

www.happyreina.com

以前ご紹介したのですが、セブンイレブンのネットプリントを使って写真の印刷をしていました。

その後、シールメーカー『ザイロン』を使ってシールにする方法だったのですが、写真をプリントしに行くのがめんどくさいのです。

 

コンビニは車で5分の場所にあります。車でです。 

自宅プリンターで印刷したらどうか? 

シールになっている専用用紙がありますね。

自宅のプリンターで印刷すると、すでにシールになっているので、簡単に手帳に貼ることができます。

16枚や8枚、長方形、正方形と、いろんなサイズ、形のシールを作ることができて、写真の画質も割ときれいでした。

でも、我が家のプリンターにはWi-Fi機能がついてない。

スマホから手軽にプリントすることができないんです。

この時の流れとしては

  1. スマホで写真を撮影
  2. スマホで編集
  3. グーグルフォトにアップロード
  4. パソコンを開く
  5. グーグルフォトのアルバムから写真を選ぶ
  6. フォトシール用のソフトを開く
  7. プリンターにパソコンをつなぐ
  8. 専用用紙をプリンターにセットする
  9. 印刷する
  10. しようと思ったらインク切れ
  11. 慌ててインク購入
  12. サイド印刷チャレンジ

 

行程が多い!!つまり、メンドクサイ。 

めんどくさがりを直そう!

え?無理です。 

モバイルプリンター

キヤノンミニフォトプリンター『インスピック』を購入しました

キヤノンインスピックって?
キャノンインスピック

スマホ専用ミニフォトプリンターです。

Bluetoothでつないで、スマホの中の写真を簡単にプリントすることができます。

専用のアプリが必要ですが、操作方法も簡単で、写真を加工したり、コラージュしたりすることもできてとても便利。

キヤノンインスピックのレビュー

キャノンインスピック

箱を開けると、本体、充電用ケーブル、取説、保証書、専用用紙10枚が入っていました。

購入したのはピンクですが、本体下部がピンクになっているだけなので、すごくシンプルです。

本体のサイズ重さ 

キャノンインスピック

本体は160グラム。

サイズは縦11センチ、横8センチ、高さ2センチです。

私の持っているスマホHuawei mate 10 proよりも一回り小さくて軽いです。

専用用紙が必要

印刷方式はZINK方式というもので、これは専用用紙が必要です。

簡単に言うと感熱式でインクが要らないので、本体がとても小さい

専用用紙が1枚あたり39円ちょっとかかりますが、セブンイレブンのネットプリントでも1枚30円でした。

ただ、サイズが小さいです。

インスピック専用用紙のサイズは縦7.7センチ横5センチなので、セブンのネットプリントで印刷してきたL版の写真の半分くらいのサイズです。

 

セブンに行くガソリン代、ついでに買うオヤツやコーヒーの分だけお金がかからないと思えば、それほど大きな差ではないか?

と思うことにしました。

キヤノンインスピック使ってみました 

キャノンインスピック

蓋をスライドさせて開けると、中に用紙を入れるための正方形の穴があります。

専用用紙の中に青色のバーコードが書かれたスマートシートというものがあるので、それごとはめ込みます。

専用アプリをダウンロード

Canon Mini Print
Canon Mini Print
開発元:Canon U.S.A., Inc.
無料
posted withアプリーチ

アプリを開いてカメラロールから写真を選ぶ

キャノンインスピックアプリ
キャノンインスピックアプリ

カメラロール右上の四角い枠を押すと、コラージュ写真を作ることができます。

手帳に貼る用の写真は小さいサイズがいいので、写真を数枚選択して、コラージュしました。
 

キャノンインスピックアプリ
キャノンインスピックアプリ

複数枚写真を選んで、コラージュを作り、その上にスタンプなどを押して飾ることもできます。

可愛いフレームなども選択できるので、いろんなデザインを楽しめそうです。

出来上がったら、右上の青い丸の印刷ボタンを押すと、印刷待ち状態になります。

写真を印刷 

キャノンインスピック

電源を入れると、本体から「ジジジー」と音がし始めます。

印刷するのに1枚あたり50秒ほどかかりました。

出来た写真はシールになっている

キャノンインスピック

写真をさらに写真に収めてるので、ちょっと色味がおかしくなってしまいましたが、実際はとてもきれいです。

小さいサイズなので、画質の悪さはそれほど気になりませんでした。

光沢があって普通の写真と変わらないと思います。

さらにこの用紙が便利なのは、すでにシールになっているということ。

剥離紙がついているので、はがすと写真シールになります。

これは便利!

ほぼ日手帳に写真シールを貼ってみた

ほぼ日手帳に写真シール

手帳を書きながら、パパっと印刷してすぐに貼れます。

すっごくいい!

文章を書きながら、あらかじめ写真を貼るスペースがどれくらい考えておかなくてもいいので、とっても楽です。

また手帳を書くときの楽しさが倍増しました。

キヤノンスマホ用ミニフォトプリンターおススメですよ。

メンドクサガリは世界を便利にする!

 

www.happyreina.com

www.happyreina.com