【女優ミラーレビュー】拡大鏡とLEDライトで老眼でもメイクがしやすくなった

最近、目がヤバいです。

洗面所でメイクするのが困難になってきました。見えないんです。乱視近視もあるので、鏡に近づきたいけど、近づいたら見えない。老眼なんでしょうか。まだ40代前半なんですが・・・

 

というわけで、天下のアマゾンさんでミラーを買ってもらいました。妹からの誕生日プレゼントです。「10倍鏡のついたシンプルな鏡」とリクエストしたら、LEDライト付の女優ミラーが送られてきました。ありがとう。妹よ。

Jerrybox BM-1711 (スタンド式)女優ミラー

女優ミラー箱

座って見やすいサイズ

ミラーの箱裏


箱の裏にサイズが書いてありました。

  • 縦 24.5センチメートル
  • 横 18.5センチメートル
  • 10倍鏡 縦 6.4センチメートル
  • 10倍鏡 横 8.7センチメートル

テーブルに鏡を置いて椅子に座って見るときに、まっすぐ見て顔全体が映り込むちょうどいい大きさです。10倍鏡部分は小さいですが、アイラインを引いたりするときに目だけが大きく見えるので問題なく使えます。

説明書

 ちゃんと読みましょうね。

取説読んだ?

ちゃんと読んだの?

取説を先に読んでから使うように、超几帳面夫がうざいアドバイスしてくれますので、ちゃんと読みます。

説明書


 日本語がありました。

「これまでのメイクミラーのあらゆるお悩みに、この秀逸なJerryboxミラーが、新しくて革新的な解決法ですべてお応えしています。」

と書いてあります。

付属品と電池

付属品
電池



USBケーブルがついています。アダプターはありません。ケーブルだけです。スマホの充電器で代用しようかと思います。

乾電池もついていません。単3電池4本必要です。
 

拡大鏡(10倍)

ミラーのツマミ
10倍鏡


ミラーの右上に少し飛び出しているツマミを引っ張ると、10倍鏡が出てきます。小さいですが、目元を映すには十分なサイズです。

ミラーのレビューは自分が映り込まないようにするのが難しいですね。私のスマホを映してみます。

ミラー
拡大鏡


左が普通のミラー部分、右が10倍鏡です。私のスマホカバーのキズや汚れがはっきりと見えるようになりました。自分の顔を映すと、毛穴やしわがよく見えて愕然としました。ショックを受けます。覚悟してのぞき込みましょう。

LEDライト

LEDライトのスイッチ

ミラーの中の下の方にスイッチがあります。横とか、裏とかではなく、正面にあるのでとても押しやすいです。ちょっと暗いなと思ったときに、化粧品で汚れた指で触らずに、関節部分とか小指とかで押すことができて便利です。

一度押すとLEDライトが点灯します。点灯した状態で長押しすると無段階で明るさの調節ができます。

 

明るさ比較
明るさ比較


それほどすごい差があるわけではありませんが、明るさの調節ができます。写真ではわかりにくいですね。

スタンドの調節

角度調節横
角度調節縦


「垂直&水平方向に180°回転:ミラーをお好み通りの視野角度に調節しやすいので、美容のための動作がさらに便利に行えます」

と説明書に書いてあります。

この表現の意味がちょっとよくわからないのですが、丸い部分が回転して右、下、左の3か所でカチッと音がして止まります。レバー部分は無段階で角度の調節ができます。

 

まとめ

ミラーの下に足があるものや、3面鏡になるタイプもありましたが、シンプルなほうが使いやすいと感じました。リビングのテーブルに置いて、座ってメイクすることができるようになりました。最近は涼しくなってきましたが、暑い時期はエアコンが効いたリビングでメイクしたかったので、とても満足しています。

先日メイク用品も減らしたので、メイクセットとミラーを小さなカゴに入れて、持ち運びしやくなりました。大きな3面鏡台はますます使わなくなりました。

10倍鏡部分でアイメイクがしやすいです。もともと視力が悪いので普段はコンタクトです。メガネの時にメイクをすると、メガネを外すと見えないし、かけたままだとメイクできないしというジレンマに陥っていました。

この10倍鏡を使うと裸眼でもよく見えます。近視や乱視の方にも役に立つんじゃないかなと思います。私は老眼のようですが・・・

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。