わたしのまいにち

ほぼ日手帳や文房具、専業主婦の手帳の使い方を紹介します。無印良品、カルディ、脂肪燃焼ダイエットなど実際に体験したことを詳しくレビューしています。ミニマリストを目指して、日々断捨離中。シンプルで丁寧なライフスタイルを実現させるためのブログ

わたしのまいにち

手ごねパンが食べたい!パンこねシリコンマットのレビュー

パンこねシリコンマットレビュー

最近パン教室でパンを習っています。

以前からパンを作るのは大好きで、ホームベーカリーを使って食パンやくるみパンなんかを作っていたのですが、パン教室に行き始めて、手ごねの魅力にはまってしまいました。

でも自宅で手ごねしようと思うとちょっと大変なんですよね。

パンをこねるための、清潔で広い場所が必要だからです。

ダイニングテーブルでもいいのですが、力を入れてこねるので、安定して丈夫なテーブルでないと難しい。

我が家のコロコロ移動式のダイニングテーブルでは、手ごねはできそうにありません。

そこで、シンクの作業スペースで手ごねしてみようかなと思い、パンこね用シリコンマットを購入してみました。

さっそくパンを作ってみましたので、シリコンマットのレビューします。

パンこね用シリコンマットのレビュー

パンこねシリコンマットレビュー

ヨシカワ ホームベーカリー倶楽部 シリコンマット【SJ1455】◇【4209253】□

シリコン製のパンこねマットを買いました。

サイズは、縦40センチ横50センチです。

色は茶色。

中央に円形のガイドがあるので、生地を丸く伸ばすときの目安になります。

また上下左右、1センチ刻みの目盛りがついているので、生地を長く伸ばすときにも便利です。

パンこねシリコンマットレビュー

表面は少しマットな感じで、裏はツルツル。

ツルツルの面がしっかりテーブルなどの平たい場所に吸着して、マットがずれにくくなります。

反対に表はさらっとした手触りなので、生地が貼りつきにくくなっています。

パンこねシリコンマットレビュー

薄くて柔らかいシリコンマットなので、折りたたんで収納できます。

広げたときタタミジワができますが、平らな場所にぴったり貼りついたら、とくに気になりませんでした。

パンこねシリコンマットレビュー

耐熱温度は-20度から230度。

オーブンから取り出した天板を乗せても大丈夫な温度ですね。

アマゾンなどの口コミには、「匂いが気になる」ということでしたが、洗剤でよく洗って乾かして、熱湯消毒したら、臭いはほとんど気にならなくなりました。

バターロールを作ってみました

 

手ごねパン用にパンこねマットだけ購入したので、特別な道具が必要じゃないバターロールを作ってみることにしました。

バターロールの材料

バターロールの材料
  • 強力粉 280グラム
  • Ⓐドライイースト 4.5グラム
  • Ⓐ塩 4グラム
  • Ⓐバター35グラム
  • Ⓑ砂糖36グラム
  • Ⓑ卵Lサイズ1/2個
  • Ⓑ牛乳80ml
  • Ⓑ仕込み水80ml(42度)
  • ドリュール用卵1/2個
  • 塩少々

強力粉280グラムを量ったら、だいたい半分ずつ、2つのボウルに分けます。

上の写真左側がAの材料、右側がBの材料が入ります。

材料を混ぜる

Ⓑのボウルの強力粉を少しくぼませて、卵用ポケットを作り、卵を入れます。

仕込み水と牛乳をⒷのボウルの砂糖にめがけて入れて、木べらでよく混ぜます。

粉っぽさがなくなったら、Ⓐのボウルの材料をすべてⒷのボウルに入れます。

こうすることで、ダマになりにくく、発酵しやすくなります。

シリコンマットの上でパンをこねる

パンこねシリコンマット

粉毛がなくなったら、生地がまとまったら、シリコンマットの上に出してこねます。

バター、卵、牛乳が入った生地なので、最初はとってもべたつきますが、だんだんきれいにまとまってきます。

シリコンマットからも生地がきれいに離れるようになりました。

我が家のシンクの作業スペースは、ステンレス製で表面はツルツルしています。

そこにシリコンマットの裏側のツルツルがしっかり吸着して、パン生地をたたきごねしても、マットが動いたり、剥がれたりすることはありませんでした。

一次発酵後シリコンマットの上で成形

パナソニックBistroの発酵機能を使って、一次発酵した後、シリコンマットの上で成形しました。

写真撮り忘れちゃったので省略。

12個に切り分けた生地を三角すいの形に丸めてベンチタイム10分。

その後、シリコンマットの上で平たく伸ばして、くるくると巻き付けます。

バターロール2次発酵後

二次発酵の後、ドリュールをヌリヌリ。

バターロール完成

バターロール完成

シリコンマットの耐熱温度が230度あるので、オーブンから取り出したばかりの天板を乗せても大丈夫。

網の上にパンを移して、粗熱を取りました。

パンこねシリコンマットまとめ

手ごねパンを気軽に作りたくて、パンこね用のシリコンマットを購入しました。

シンクの作業台に広げたら、すぐにパンこねスペースができます。

力を入れてこねても、台にしっかり吸着してくれるので、マットは動きません。

パン生地は、シリコンマットに貼りついたりせず、すぐに剥がれるので、すごくこねやすかったです。

熱い温度も大丈夫なので、オーブンから取り出した天板を乗せられて、作業がしやすくなりました。

今、パン作りにはまっているので、どんどん活用します。

バターロール旨かった。