わたしのまいにち

ほぼ日手帳や文房具、専業主婦の手帳の使い方を紹介します。無印良品、カルディ、脂肪燃焼ダイエットなど実際に体験したことを詳しくレビューしています。ミニマリストを目指して、日々断捨離中。シンプルで丁寧なライフスタイルを実現させるためのブログ

わたしのまいにち

ストレングスコーチングで自己肯定感アップ。自分の強みを活かそう。

ストレングスコーチング

こんにちは。自分探しの旅から帰ってきたれいっちょ@happyreina_です。

先日ストレングスファインダー®のテストを受けてみました。

ストレングスファインダーはweb上で受けられる自己分析テストです。

34個の資質のうち自分の強みとなる資質を見つけることができます。

その中で、私は「調和性」「公平性」「学習意欲」「規律性」「回復志向」という資質が上位にあることがわかりました。

これだけでは、せっかく受けたテストを活かすことができません。

今後自分がどうあるべきか、どのように行動すればよいのかを、ストレングスファインダーのgallup社の認定コーチである岩下さんコーチングしてもらいました。

私は、このコーチングを受けることで、今の自分を肯定できて、さらに前に進む勇気がわきました。

・ストレングスファインダーを受けたけど活かし方がわからない方

・自分の現状に悩んでいる方

・これからどうすればいいのかわからない方

ストレングスコーチング受けてみたら結構スッキリすると思いますよ。

ストレングスファインダーの結果をダウンロード

ストレングスファインダー

公式サイトから5位以下の資質についてダウンロードする

公式サイトから34個すべての資質の順位と、上位10個の詳しい内容をダウンロードすることができます。

テストを受けるときに登録したユーザー名とパスワードを入力すると、自分の34個すべての資質を見ることができます。

ストレングスコーチング

DNAの塩基配列みたいな表が表示されてますが、これが私の34個の資質です。

青、赤、紫、黄色の色がついていますが、これも意味があります。

後ほど説明しますが、まずはレポートをクリックします。

ストレングスコーチング

クリフトンストリングス34レポートをクリックすると、レポートのダウンロードという項目があります。

それをクリックするとPDFで内容を見ることができます。

合計25ページにわたる詳しい自分の説明書

ストレングスコーチング

このレポートには

  • 34の結果すべての順位
  • 上位10の資質の詳しい説明
  • 下位(弱み)への対処法
  • チームワークをするときの自分が貢献できる領域
  • 上位の資質を活用して成長する方法

などが詳しく書かれています。 

ストレングスコーチングを受けてみた

コーチングができるのは特別な研修を受け、認定されたコーチだけです。

8月に最新の研修を受けてストレングスコーチに認定された岩下さんにお願いしました。

twitter.com

聞き上手で、どんどんしゃべりたくなっちゃう方です。

セッションは1時間で今なら5000円で受けられるとのこと。

通常は1万円だそうです。

セッションの方法は、対面でする方法と、Zoomを使う方法があります。

Zoomは、webカメラつきのパソコンもしくはスマホがあれば使えるアプリです。

ビデオ会議なんかにもよく使われてて、ZOOMは無料で使うことができます。 

ストレングスコーチングの流れ

  1. 上位10の資質について、一つずつ確認
  2. どこまでが当てはまってどこからが当てはまらないか
  3. 強みを活かすにはどうすればいいのか
  4. 強みと盲点
  5. 弱みはどうするか

などについて話していきました。

すごく話しやすい方で、私のほうからどんどんしゃべってしまった感じ。

私コミュ障だと思っていたけど、こんなにおしゃべりスムーズにできるんだとびっくりしたほどです。

上位の資質を育てて、可能性を広げる

クリフトンストレングスのレポートには、1位から5位までの資質については、2ページに渡ってびっしり書いてあります。

これはテストの結果をもとに、1人1人カスタマイズされているそうです。

私の1位は調和性ですが、他の人に調和性が1位にあっても内容は異なるんだとか。

  • 私が成功するための方法
  • 私の特質
  • 私が調和性の資質を活用することで成功する理由
  • 私の盲点

私のためだけの説明書なんですね。

レポートを見ながら岩下さんと一緒に一つ一つ考えていきます。

1位から5位の資質は、生来の最強の才能なんだそうです。

弱い部分を気にするよりも、最強の才能をさらに育てるほうがいいということでした。

自分の資質を育て、可能性を広げる方法としては、

    • こういう資質を持っていることを周りの人に伝える
    • 自分の行動、考え方を振り返る
    • アドバイスをもとに日々の生活に活かす
    • 盲点に注意する

などのアドバイスがありました。

6位から10位の資質も育てて最高の自分に近づく

6位から10位までの資質はすこし簡単にまとめてあります。

ストレングスコーチング

私の資質6位は共感性です。

他の人の考えや感情を理解できるという才能があります。

一方で他の人の感情に共感しすぎて疲弊してしまうというのが盲点です。

私は、相手の細かい表情や、文面を気にしすぎて、余計な気疲れしてしまうことがあります。

怒らせちゃったかな?余計な事言いすぎたかな?とすごく気にしてしまうんですね。

そこで必要なのが、【共感スイッチをオフする】という方法。

「ああ今共感しすぎてるな」と思ったら、スイッチをオフするイメージを描いて、共感スイッチをオフにしたらいいんだそう。

1位から5位の資質と同じように6位から10位の資質も、盲点に注意しながらアドバイスを日々に活かしていくことで、さらに自分を高めます。

下位の資質を知っておく

自分にはない才能、もしくは弱みになっているのが下位の資質です。

上位の資質が、まるでポケットに入っていていつでも取り出せる道具なのに対し、下位の資質は地下の倉庫に入っている道具みたいなもの。

取り出して使うのはちょっと大変なんですね。

そういう資質は無視するのではなく、

  • 自分の弱みとして把握する
  • 別の資質を活用して補う
  • その資質を持つ他の仲間に協力を求める

という方法があります。

無理して育てるよりは、使わないですむ環境におくことが大事なのかもしれません。

私の強みは人間関係構築力

ストレングスコーチング

冒頭に出てきた私の資質です。

34個の資質を4つの領域に分けて表示されています。

      1. 実行力…紫
      2. 影響力…黄色
      3. 人間関係構築力…青
      4. 戦略的思考力…赤

私の場合、黄色で示す「影響力」は上位10位の中に一つもありません。

私には人に何か影響を与え、指示したり、自分の判断で導いたりするのは向いてないんですね。

と、こういう風に足りない点に目が行くというのは、5位の回復志向という資質だそうです。 

ストレングスコーチングの感想

ストレングスコーチングを受けてみて思ったことは、「自分はこのままでいいんだ」ということ。

今の自分自身を受け入れて、今できることをさらに伸ばすことでより可能性が広がるという気がしました。

例えば日々の家事の話でいうと、私は手帳に家事のルーティンを書いていて、その通りにやっていくのが好きです。

でも、ときどきサボりたくなってやらないこともあるんです。

サボってしまうと、何か調子が悪いし、気持ち悪いし、一日スムーズに行かないんです。

家事なんてと思われるかもしれないけど、規則正しくやっていくことが、私の場合ものごとがスムーズに進むきっかけなんだと思います。

だから私は、今までどおりちゃんと規則正しく、ルーティンをできるだけ守るというのを頑張るべきです。

 

もう一つ例を出すと、私は「学習欲」という資質が上位にあります。

この年になって、いまさら何を学ぶのかという思いがあって、やりたくても手を出してないことがいろいろありました。

料理とか、プログラミングとか、パン作りとか。

「学習欲」は成果はともかく学ぶこと自体に意義を見出す資質。

コーチングで受けたアドバイスは、「学びたい気持ちを大事にしましょう」というもの。

これを聞いて、「やってもいいんだ」と背中を押された感じがしました。

時間とお金が許す限り、これからも何かを学んでいきたいと思います。

成果もださないといけないけど、それより学びたい気持ちを大事にしたいです。

ストレングスコーチング受けみたまとめ

  • ストレングスファインダーを受けたけど活かし方がわからない
  • 今の現状に悩んでいる
  • 今後どうすればいいかわからない

という方こそ、コーチングを受けて欲しいと思います。

私は専業主婦ですが、現状のままでいいのかいろいろ悩んでいました。

ストレングスファインダーのテストと、コーチングを受けたことで、今の自分を肯定でき、背中を押されて励まされた気分です。

このまま今やりたい気持ちを大事にして、頑張ろうと思います。

私がコーチングを受けた岩下さんは、鹿児島を拠点に活躍されています。

遠方の方はウエブカメラを使うZoomでもコーチングできるそうです。

気になる方は試してみてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓

岩下さんのコーチングは、話しやすくて、すごく勉強になりました。 

 

www.happyreina.com