リバウンドせずにキープできるか?靴下編

約2か月前に、靴下を処分しました。少し多めだと感じながらも、合計で26足を残しました。その後に大切なのはリバウンドせずに、理想の状態をキープできていることです。そのためには定期的に見直すことが大事ですよね。2ヶ月が過ぎましたので靴下を見直してみることにしました。

靴下その後のはなし

リバウンド予防のために見直ししよう

前回残した靴下の枚数

前回片づけたときには、普段履くものが11足、法事用に黒い靴下が6足、新品が9足残ってしまいました。少し多いなと感じましたが、靴下は消耗が早いので多めに残しました。

たたみ方を変更して、引き出しを開けたときにすべての靴下のデザインが一望できるようにしたことで、管理しやすくなったと感じています。

それから2か月

2か月が経過しました。見直してみると前回は許容範囲だと思っていた靴下も痛みが気になります。毛玉ができているもの、底が薄くなっているものがいくつかありました。これらの痛みが気になるものは十分履いたので処分することにしました。そして、残す靴下はこちらの6足と、レギンス、レッグウォーマー、黒ストッキングです。新品9足はまだそのままです。

靴下処分後

 

タンスの引き出しに収納

靴下の引き出し

すっかり空っぽになってしまいました。このタンスは婚礼家具ですので、処分するつもりは今のところありません。両親が奮発して買ってくれたものですので、大事に使いたいのですが、収納するものがないというのも、なんとも心もとないという気もしてきました。他の物を靴下と一緒に収納するのも違うような気がしますし、ここは今後どうしていくのかが私の課題だなと思っています。

 

出かけることが増えると靴下は早く消耗する?

体調を悪くして家から出ない時には、あまり靴下も消耗しませんでした。最近は元気になってきたので、ウォーキングをしたり、ウィンドウショッピングに行ったり、マラソンに出るために外を走ったりもしています。それほど長い時間外にいるわけではありませんが、やっぱり以前よりも靴下の痛みが早いと感じます。節約の意味では残念かもしれませんが、元気になったおかげと喜んでいます。

 

前回の結論

残す靴下が多いと思ったのですが、最終的に普段用3足まで減らせるよう靴下は今後買わないという結論に前回は達しました。

その後本当に3足で行けるのか、しばらく同じ3足ばかりを履き続けて実験しました。すると、困ったことが起きてしまいました。やっぱり3足では足りなかったんです。

 

先日実家の稲刈りの手伝いに行きました。その時汗をかいていたので、実家でお風呂に入ってから帰宅しました。その時点で靴下2足使っています。そして翌朝、ひどい筋肉痛と高いところから落ちてしまって手を痛めたので洗濯をすることができませんでした。その日は3足目を履いています。そしてその翌日。

靴下がない!

実験のために3足を使うと決めただけですから、実際には靴下はありました。でもその時実感しました。3足では足りないということを。

何かトラブルがあって洗濯できない場合の予備が必要だということがわかりました。というわけで、最終的に残すべき靴下は5足にしたいと思います。

 

10年以上の婚礼家具は買い取ってもらえない

靴下が減ったことで収納するものが減ってしまったタンスについても悩んでいます。

大きな婚礼家具を持っているのはミニマリストとは言えないかもしれません。けれど、捨ててしまうのはかなり心が痛みます。高価なものでもありますが、それ以上に買ってくれた両親の思いを考えてしまいます。

以前リサイクルショップに出張買取を依頼したことがあります。その時、家具の買取の相場を聞いてみました。たまたま店長さんがいらしたので、色々と実情を教えて頂いたのですが、10年以上経った婚礼家具は買取できないそうです。引き取りもできないと言われました。

買い取ってもらえるのは無印良品や、ニトリのようなシンプルで使い勝手のいい家具で、シンプルライフが流行りの今は、婚礼家具は売れないんだそうです。

収納家具を減らさなければミニマリストにはなれませんし、これは今後の課題として真剣に考えないといけないなと感じています。

まとめ

ダイエット後の体重はリバウンドしてしまいましたが、靴下はリバウンドせずに理想の状態をキープできています。今後はさらにスッキリで快適な暮らしを目指すためにも少しずつ見直しを続けていきたいと思います。

読んでいただいてありがとうございました。