靴下の断捨離しよう。私に必要な枚数とおススメしたい5本指ソックスの話

靴下の断捨離



こんにちは。今日は靴下の断捨離をします。

 

靴下を買うときって、3足1000円などのセットになっているものがお得な気がして、あまり気に入らない組み合わせがはいっていても買うことがありました。でも気に入らないものは結局履かないんですよね。溜まってしまった履いていないもの、痛んでいるものを仕分けて、整理したいと思います。また、いったい何足あれば大丈夫なのかも考えてみました。

 

断捨離 靴下編

 

引き出しにぎゅうぎゅう詰め

服はある程度減らしてきましたが、靴下はまだ手を付けてませんでした。

 

大きな婚礼タンスの引き出しを靴下入れにしています。夫と私、それぞれ1つずつの引き出しを使っていました。この引き出しにぎゅうぎゅう詰めに靴下を詰め込んでいました。そのせいでとても取り出しにくい状態になっています。足2本しかないのに靴下何足あるんだか。タコじゃないんだから・・・

靴下ぎゅうぎゅう詰め


少しちゃんとした時にも履ける黒1色、ビルケンシュトックなどのサンダルの時に履くかわいいデザイン、スポーツ用、タイツ、レギンスなどの用途別、種類別に分けるため紙箱を入れいていたはずなんです。

その箱に収まりきらずぎゅうぎゅう詰めで押し込んでいました。下のほうには何が入っているかさっぱりわからない状態。

まずは量を把握するため、すべて出す

 

靴下全出し
靴下新品


 

断捨離するときは、まずは全て出してみて、どれくらいの数を持っているのか把握することから始めます。

出してみて気づいたのですが、まだ一度も履いていない新品が9足ありました。奥にあったので新品が残っていることをすっかり忘れてました。

 

靴下を捨てるときの基準

残すものと、処分するものに分けます。処分しやすいように、自分の中での捨てる基準を先に決めます。

  • 明らかに傷んでいるもの。穴が開いてる、ゴムが緩んでいる
  • 履き心地の悪いもの。履いているうちにズレてきて靴の中で丸まっちゃう
  • 人前で履いて恥ずかしいと感じるもの。毛玉がある、デザインがおかしい
  • 今はもう必要がなくて履かなくなったもの。

これらの基準をもとに処分する靴下を分けました。

 

靴下捨てるもの

 

収納していた紙箱なども処分することにしました。

以前は、バドミントンをしていて専用の靴下を何足も持っています。まだ使えるものもありますが、体を壊したので、もうバドミントンをすることもないでしょう。一緒に収納していたサポーターなども処分することにしました。

 

ハイソックスは冬場は暖かくていいのですが、自分の服の好みが変わってきて最近は履いていませんでした。若い子のハイソックスはかわいいので許されますが、私はもうハイソックスはやめたほうが無難だと判断しました。似合う人は大丈夫だと思いますよ。絶対領域は大事です。

 

タイツも履かないのですべて処分します。黒ストッキングは1足だけ残して、冠婚葬祭用のバックを保管している場所に移しました。

 

残すものをきれいに畳んで収納する

今まで靴下はゴムの部分をくるっと回してまとめて詰め込んでいました。靴下を丸めてしまう畳み方が、ぎゅうぎゅう詰め込む原因の一つだと考えました。それに、デザインがわかりにくくなってしまい、持っている靴下を把握しにくい状態になると思いましたので、畳み方を変えて、すぐに何があるか見えるように畳むことにしました。

 

短いものは二つ折りに、長いものは三つ折りにして、立てて収納しました。立てて収納することで、引出しを開けてみたときに、どの靴下がどこにあるか一目瞭然です。

柄が見えるように畳んだことで、靴下の数はもちろん、どんな柄や色があるのか把握しやすくなりました。

靴下断捨離後



普段履くものが11足。法事などきちんとした時用に6足。新品9足残しました。

少し多い気がしますが、靴下は消耗が早いので、しっかり履きつぶしてから処分します。新品靴下をよく見える位置に収納したので、忘れることなく履けます。

この新品を使い切るまで新しい靴下は買わないことにします。

 

オススメしたい5本指

数年前から冷え取りで履き始めた5本指ソックスが気に入って、普段も5本指です。

冷え性で、冬になると足先がしびれるほど冷たくなっていましたが、5本指を履くようになって冷えをあまり感じなくなりました。今のような暑い時期も、靴の中で蒸れたりせず快適です。

5本指の快適さに慣れると、普通の先丸ソックスには戻れなくなりました。

 

私に必要な靴下は何足か

靴下はほぼ毎日履いています。

5本指ソックスにしてから冬にヒートテック靴下でなくてもよくなりましたので、一年中使えます。洗濯も毎日しますので、最低2足。予備を入れた3足あれば足りそうです。

今は、月に一度法事がありますので、その時に履く黒い靴下1足と合わせて、4足まで減らそうと思っていましたが、少しトラブルが発生してしまいました。

普段履くものが3足では足りなくなってしまったので、普段用5足、法事用1足にすることにしました。

 

今後靴下を買うときに注意したいこと

今までは、3足1000円などのセット売りをお得だと思って買っていました。でもセット売りだと、気に入らないものや持っている服に合わないものが入っていることがあります。

処分してみて気づきましたが、気に入っていない靴下はほとんど履いていませんでした。今後は自分が好きなデザインのものだけを身に着けたいので、セット売りでは買わないことにします。

 

しばらくは新品靴下が9足もあるので、買いません。

  

 処分した分を反省して、少ない数を大切に使う

 今回処分した靴下の中には、まだ使えるものももちろんあります。

でも、使わないのに持ち続けているほうが、もったいない。靴下は流石に売ったりすることはできませんので、もったいない買い方をしてしまったことをしっかりと反省します。

数が減ったことで全体を把握できるようになりました。少ない数の靴下を大切に使います。

 

www.happyreina.com  

www.happyreina.com

www.happyreina.com

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。