わたしのまいにち

ほぼ日手帳や文房具、専業主婦の手帳の使い方を紹介します。無印良品、カルディ、脂肪燃焼ダイエットなど実際に体験したことを詳しくレビューしています。ミニマリストを目指して、日々断捨離中。シンプルで丁寧なライフスタイルを実現させるためのブログ

わたしのまいにち

大人の趣味におすすめ!押し花アートがきれいで簡単で楽しそう。

押し花アート

What is your hobby?(あなたの趣味は何ですか?)

って中学生のころ習った英語だけど、ネイティブはこんな表現使わないと言われてびっくりした経験があるれいっちょです。

 

趣味ってありますか?

最近は趣味を持たない、趣味がわからない人も多いみたい。

そもそも趣味にかける時間もお金もないってこともありますけどね。

 

自分が好きなものを決めるって実はすごく難しいです。

面白そう!楽しそう!ということがあっても、すごくすごく夢中になるものってなかなか見つからないもの。

好きを見極める作業って、技術がいるんじゃないかなぁと思っています。

 

私がやっている好きを見極める作業の一つは、ちょっと体験させてもらうこと。

先日、市立美術館で行われていた押し花アート展』で押し花作品作りを体験させていただきました。

キレイなお花のパーツを並べて作る、「しおり」や「はがき」は簡単ですごく可愛くてとっても楽しかったです。

大人の趣味にもいいかもしれない。

趣味探しの最中の方!押し花アートも楽しいですよ。 

大人の趣味に押し花が楽しいかも

押し花アート展

先日、市立美術館でやっていた別の展示を見に行きました。

その時、たまたま見かけた押し花アート展。

入場無料なのもあって、ちょっと覗いてみました。

押し花アート展

撮影の許可をいただいてます。

 

会場内には、たくさん作品がずらり。

県内の押し花愛好家たちが作品を作って展示しているんだそうです。

 

よく見てみると、ただ花を並べているだけではありません。

花の上にオーガンジーや薄い和紙を貼って遠近感を出していたり、切り絵のように小さく切った花びらをたくさん並べていたり、いろんな表現があってすごくおもしろい。

押し花アート展

真ん中のトトロも花びらなんですよ。

額縁に入れて飾るだけじゃなく、小さな花をレジンに閉じ込めてアクセサリーにしていたり、キャンドルに貼り付けてみたりと、アレンジ方法もたくさん。

 

ただ押し花を作るだけじゃなく、アイデア次第でいろんな作品が作れるのがすごく楽しそうです。

押し花を趣味にすると楽しいことがいっぱい

押し花アート

花を育てる、採取する楽しみ

うちは賃貸ですが、小さな庭があって少し花を植えています。

押し花にするために、いろんな種類の花を庭で育てるのも楽しそう。

どんな作品を作ろうかなーって考えながら育てた花を選んで採取するのもいいですよね。

押し花を作る楽しみ

庭で育てたり、道端で採取してきた花や草を押し花にするのも楽しい。

出来上がりをイメージしつつ、どんな風に平たく押すのか考えるのも楽しそう。

押し花から作品を作る楽しみ

いろんなお花や草を押し花にしたら、並べて作品にする楽しみもあります。

アクセサリーにしたり、額に入れて飾ったり、作品の種類も表現の仕方もいろいろあるので、制作過程も楽しそう。

押し花の作り方

押し花の作り方

いただいた資料を撮影しました。

 

押し花って昔は、新聞紙に挟んで、重しをして、その新聞紙を毎日取り換えて、花を乾燥させてましたよね。

作るのも大変だし、出来上がりの色も微妙だったイメージがありました。

でも、最近の押し花は違うんです。

専用の乾燥マットを使えばすごく簡単にきれいに作れるんですよ。

 

びっくりしたのは、いちごやキノコも押し花になってたこと。

花じゃないけど、厚みのあるものでも、鮮やかな色を残しつつぺっちゃんこ。

 

乾燥マットはキットになってるものもあるので、すごくお手軽に押し花を作れて便利そうです。

お試しで作ってみた作品

押し花アート展では、押し花から作品を作る体験教室を行ってました。

無料でできるしおりと、1000円で作れる額縁風のはがきを作ってみました。

押し花パーツ

押し花がたくさん紙皿に並べてあって、その中から好きな花を選んで、ピンセットを使って並べていきます。

この工程がすごく楽しい。

完成図をイメージしながら、花を重ねたり、草を敷いたりします。

花はぺらっぺらで軽いので、鼻息吹きかけたら飛んでいっちゃうから気を付けて。

息を止めて慎重に並べました。

押し花はがき

このはがきは、乾燥剤も入っているので、1年くらいはそのままで大丈夫みたい。

自然のものだから、どうしても退色してしまうけど、乾燥材を使うことで長持ちさせることができます。

額縁に入っているものは、専用の乾燥剤とアルミで加工されているので、何年も鮮やかな色を保つことができるんだとか。

 

押し花しおり

しおりは無料でした。

好きな花を並べて、ラミネート加工したら完成です。

こちらは、乾燥剤が入ってないのであまり長持ちはしないそうです。

大人の趣味におススメな押し花まとめ

押し花

実は私、老後に楽しみたい趣味をストックしているところなんです。

今は転勤族なので、物を増やすことができないから、ちょっとずつ体験してみて、やってみたいことをリストにしています。

水彩画、油絵、カメラなどなど、いくつかやりたい趣味が貯まってきています。

押し花もそのリストに加えてみることにしました。

自宅の庭で花を育てて、それを押し花にして、アクセサリーにする。

想像しただけでワクワクしてきちゃう。

お花を育てられないなら、押し花パーツだけでも売ってます。

ちょっと気軽に楽しみたいってときにもよさそう。

大人の趣味に押し花アートはどうでしょうか。

 

www.happyreina.com