便利さをとるか、快適さをとるか、ミニマリストの分かれ道

こんにちは。私は今、とっても悩んでます。

ミニマリストを目指して日々物を減らしていく努力をしているところです。そんな私のミニマリスト魂の根幹を揺るがしかねない事態が発生しているのです。

というのは大げさですが、とあるものの取り扱いについて、ちょっと困っているんです。

私はミニマリストになれますか?なれませんか?どっち?

ことの始まり

私のお悩みの元凶はこちらのお方。

電気ポット

電気ポットさんです。

ZOUJIRUSHI電気まほうびん優湯生CD-DL22 2010年製

 

このポットは、弟がゴルフ大会の優勝賞品でもらったものです。独身男一人暮らしには必要ないということで、姉の私にプレゼントしてくれました。

電気ポットは電気代がかかりそうで、それまで使っていなかったのですが、実際使ってみると、まあ便利。飲みたい時にすぐに暖かいものが飲めるのは、茶飲み婆には大満足な代物でした。

心配していた電気代もそれほど増えませんでした。

電気代

2012年の2月に弟からポットをもらいました。

2月 6677円

3月 6137円

4月 5693円

ほぼ変化ないですね。日中は保温状態のままで、夜寝る前や、外出するときに電源を落として使っていました。8月に電気代が急増するのは、当時17歳になる高齢の室内犬がいたので、エアコンを24時間入れっぱなしにしていたからです。

365日ほぼ毎日使い続けている電気ポット。定期的にクエン酸で中の掃除をして大事に使っていました。

 

クエン酸でポットのお掃除

ダイソーでクエン酸を買ってきました。裏面に記載されている要領でポットにクエン酸を入れて沸騰させます。

クエン酸
ポットの中
ポット洗浄中

家族が間違って飲まないように、どくろマーク貼っときます。保温で1時間放置しました。1時間後中を見てみると・・・

ポットの中洗浄後

汚れが落ちていないし、塗装が剥げてしまっています。赤い色の物は、水道水に含まれている錆らしいです。普段はクエン酸洗浄すると、この錆もきれいにとれて、水垢もなくなって新品のようになります。どうして失敗してしまったんでしょうか。

電気ポットの寿命 

電気ポットの寿命をグーグル先生に聞いてみると、5年という数字がちらほら。パッキンの劣化や湯気による電子機器の異常などが原因で故障しやすい家電のようです。いろいろ調べましたが、塗装の劣化というのは見つけられませんでした。やっぱりクエン酸洗浄を失敗してしまったのでしょう・・・がっかりへにょんです。

取説は弟が処分してしまったらしく最初からなかったのでホームページをチェックしました。PDFで取説をみることができましたが、別売りのピカポットなるものを使うようになっています。クエン酸直入れはダメだったんですね。最初から確認しておくべきでした。

 

やっと本題

前置きが長くなりましたが、ここで本題です。つまり、ポットを買い替えるのか、処分してそのままにするのかを悩んでいるのです。

ポットがないことのデメリット

夏は冷蔵庫の麦茶を飲むのでいいのですが、寒くなってくると暖かいものを飲みたくなります。私はコーヒーは一日に3杯以上、お茶3杯以上、紅茶、ルイボス茶など何度もポットを使って温かい飲み物を飲んでいます。ポットがなくなったことで、毎回お湯を沸かさなければなりません。すごく面倒です。毎回少量ずつにしていますが、ガスでお湯を沸かしているのでガス料金も気になるところです。

また、朝の調理時間が長くなったことも問題です。朝はお弁当作りと朝食づくりが同時にあります。朝食時の飲むお茶をヤカンで沸かす手間が増えてしまいました。今までは電気ポットに水を入れておけばスイッチ一つで沸いていたのです。コンロの一つをヤカンに占領されてしまうと、その他の調理ができなくなってしまいました。

ポットがないことのメリット

一方で、ポットを使わなくなったことでメリットもあります。電気ポットはけっこう場所を取ります。毎日使うものですから、使いやすい場所に設置していて、部屋が生活感満載状態になっている原因の一つでもあります。今回ポットを処分してみて、その場所がスッキリしました。

また、口にするものですから、衛生面も気になります。1~3か月に1回は洗浄をしていましたから、その手間がなくなりますね。ポットを置いていた場所の掃除も楽になります。さっと拭くだけできれいになりますから。

さらに、沸かしたてのお湯には空気がたくさん含まれています。そのことで急須の中で対流が起り茶葉がよく回ることができます。お茶が美味しくなるんです。インスタントコーヒーはあまり変わりませんけどね。

このようにポットがないことのメリットもなかなかです。

電気ポットじゃなくて、ただのポットにしたらどうか

以前はサーモスの2リットル保温ポットを使っていました。朝お湯を沸かせば長い期間熱々の状態を保ってくれるのでとても重宝していましたが、電気ポットにしたことで処分してしまいました。

ただのポットなら毎回お湯を沸かさなければならない手間は減ります。朝イチでお湯を沸かしておけば、私が日中飲むお茶はすぐに飲めるようになりますね。

けれども、ミニマリストを目指しているものとしてはどうでしょうか。やっぱりポットなんて持っていてはミニマリストにはなれません。ただのポットもやはり定期的に洗浄しないといけませんし、今まで電気ポットを置いていた場所にポットを置くでしょうから、生活感は消えませんよね。

物がなくなったスッキリさ、掃除の手間から解放された快適さから新しい電気ポット、もしくはただのポットを購入することを躊躇しているのです。

 

ミニマリストになりたい私はどうしたらいいのか

結論がでていません。寒くなってきて温かいコーヒーがおいしいです。ポットがあればやっぱり便利です。

 

便利を取るか、快適を取るか。That is the question.

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

(2018年10月24日追記)その後電気ケトルにすることに決めました。

 

www.happyreina.com