わたしのまいにち

ほぼ日手帳や文房具、専業主婦の手帳の使い方を紹介します。無印良品、カルディ、脂肪燃焼ダイエットなど実際に体験したことを詳しくレビューしています。ミニマリストを目指して、日々断捨離中。シンプルで丁寧なライフスタイルを実現させるためのブログ

わたしのまいにち

ほぼ日手帳には革カバーを使ったほうがいいと思う理由3つ

ほぼ日手帳には革カバーがおすすめ

こんにちは。レイナ@happyreina_です。

私はほぼ日手帳歴9年生です。

私のほぼ日手帳カズンのカバーは、2015年のコーラル、ほぼ日手帳オリジナルには2016年のロッソという革カバーを使っています。

今回、ほぼ日手帳のカバーを数種類試したことのある私が、ほぼ日手帳には革カバーがおすすめという理由を紹介しようと思います。 

ほぼ日手帳に使っている革カバーを紹介 

ほぼ日手帳

ほぼ日手帳カズンはコーラル

2015年に発売されたコーラルをほぼ日手帳カズンに使っています。写真右側のピンク色の方です。

写真では鮮やかなピンクになってしまっていますが、実際には、少しオレンジがかったサンゴのピンクで落ち着いた色味です。

ガラスレザーという革の表面に樹脂コーティングしてあるもので、子供たちのランドセルに使われることが多い素材。

コーティングされているので経年変化はしないのですが、キズが付かないし、少々雑に取り扱っても大丈夫なんです。

献立ノートに使っているので、毎日リビングに出しっぱなしにしていますが、5年経ってもきれいな状態を保ってます。

A6メモ帳には2016年のロッソ

ちょっとしたメモに使っているのが左側にある赤い革カバーロッソ。ほぼ日手帳ではなくA6サイズのアピカのノートを入れて使ってます。

2016年に発売されて、きれいな艶のある赤色に一目ぼれして買ってしまいました。

牛革で中はヌメ革になってます。 

これはコーティングされていないので、傷もつきますし水分にも気を付けないといけないのですが、ちょっとしたお手入れをすれば、ずっときれいに使うことができます。

私は、手にニベアを付けたときに手帳にも塗り込んでます。

それだけで、艶が出て、ちょっとしたキズなら消えてしまうんですよ。

使い続けているとだんだん色が深みを増して変化してきました。

こういうのが革を使う楽しみの一つでもありますよね。

私のほぼ日手帳カバーをくわしく紹介

左側ポケット

ほぼ日手帳の左側ポケット

バラフライストッパーというペンをさすことで手帳を閉じておくことができる、ほぼ日手帳独特のペン挿しがついてます。

左側のA6サイズのロッソは、ヌメ革の色が変わってきて、深みと艶が出てきました。こういうところは、革好きの萌えポイントだと思います。

ポケットがいくつかあって、この並びもすごく考えられているんだと思います。

私はマスキングテープを巻いたトランプを入れているんですが、書くときにぼこぼこしたり邪魔になったりしないんです。

ほぼ日手帳ポケット

他にもシールや付箋、その年のおみくじを入れています。

持ち歩いたりしないのですが、どこかに持って行っても、シールやマスキングテープで手帳づくりを楽しめるように挟んでます。

右側にもポケット

ほぼ日手帳カバー

右側にはちょっとしたメモを差し込んでおけるポケットもあります。

私はほぼ日手帳を家計簿としても使っているので、まだ書いていないレシートや、電気料金などの明細書を一時的に挟んでます。

ほぼ日手帳の革カバーポケット

ちらっとめくると、「なんでもない日おめでとう」の文字が。

ほぼ日手帳のコンセプトの一つですね。 

革カバーがおすすめだと思う理由3つ

1汚れてもお手入れすれば大丈夫

ほぼ日手帳を使い始めて最初のころは、ナイロン製のカワイイデザインのカバーを使っていました。

ナイロン製カバーの弱点は、やっぱり汚れやすいところです。

手帳は毎日触りますから、手あかやペンの汚れなどが付きやすく、半年もたたないうちに薄汚れて黒ずんできました。

ナイロンカバーは汚れやすいという弱点を克服するため、カバーオンカバーという透明なビニール製のカバーがあります。

手帳カバーの上にさらにカバーを付けるわけです。

当然重くなりますし、手帳自体も一回り大きくなってしまいます。

手帳が重くなってしまうのがつらい。

その点、革のカバーなら、多少の汚れは拭き取ればすぐにきれいになります。

2革カバーは丈夫で経年変化も楽しめる

もう4年目になるカバーは、毎日使っているのに、どこも痛んでません。

ほつれたり、破れたりなんてこともなく、とっても丈夫。

手あかやペンの汚れがついてしまうこともありますが、ちゃんとお手入れすれば大丈夫です。

革カバーの大きな特徴が経年変化。

汚れや傷も自分のものとして、その変化を愉しむんですね。

革は多少のキズがついても、お手入れをちゃんとすると目立たなくなりますし、長く使っていると、ヌメ革があめ色になってきました。

こういう変化がとっても革好きには嬉しいですよね。

3長く使えるので経済的

革カバーは、ナイロンカバーに比べるとちょっとお値段が高いです。

最初に購入するときには、「手帳にこんな金額…」と思ったのですが、長く使い続ければ使うほど、経済的ですよね。

私のカバーはまだ全然痛んでないし、お気に入りなので、まだまだ使いたいと思っています。

ほぼ日手帳には革カバーがおすすめな理由3つまとめ

  1. 汚れても手入れをすれば大丈夫
  2. 経年変化を楽しめる
  3. 長い目で見れば経済的

以上がほぼ日手帳は革カバーをおすすめしたい理由3つです。

お気に入りの手帳に素敵な革カバーを使って、手帳ライフ楽しみましょー

革ってかっこいいし。