ほぼ日手帳におススメのペンの話。文具沼からこんにちは。

今日は私が使っているペンの話です。文房具好きなんで語りだしたら止まりません。もう夫は聞いてくれなくなってしまったので、ブログに書きます。どんだけ語っても怒られないって素晴らしい。

たかがペン。されどペン。一言では語れない奥深さ

ほぼ日に合うペン

 

ペンを語る前に紙の話

私が数年前から愛用しているほぼ日手帳は、トモエリバーという紙が使われています。この紙は、薄くて丈夫なんですが、欠点としてペンを選ぶという問題があります。具体的に言うと、裏抜けしてしまうんです。

 

こちらは、2010年9月4日のほぼ日手帳です。この日は忙しかったので何も書かなかったのだと思いますが、裏の9月3日のページが透けて見えています。黄色っぽいインクの油のようなものが滲んでいるようです。表裏とも書いてあるページは何が書いてあるか読めなくなっているところもあります。

ほぼ日裏抜け

 

というわけで私は数年間にわたって、ほぼ日手帳に合うペン探しをしていました。

 

ほぼ日手帳に合うおススメのペン

ユニボールシグノ極細シリーズ

 

 私は超極細0.28を使っています。このペンのインクはゲルインクが使われています。紙に書くときにペン先のボールが回転してインクが出てくるのですが、このとき、インクの粘度が変わってなめらかなインクになります。そして紙の上にインクが乗ると再び粘度の高いゲル状になるので、滲みにくいけれども、なめらかな書き味という両立ができているんですね。

極細シリーズはキャップ式なのでキャップを外すのが面倒ですが、なめらかな書き味は一番だと思います。私はブラウンブラックを愛用しています。黒よりも少し印象が柔らかくなります。カラーペンで色を塗ったり、蛍光ペンでなぞったりしても滲まないところもお気に入りポイントです。

ユニボールシグノ極細

 さらに顔料インクなので、耐光性、耐水性に優れています。紙に書いてしばらくすると他のインクは色が褪せて黄色っぽくなってしまったり、水にぬれると滲んで消えてしまったりするものがありますが、このインクはそんなことはありません。

ユニボールシグノRT1シリーズ

 

同じユニボールのノック式タイプです。ノック式なのですぐにカチッと書き始めることができますね。

ペンの先端にボールがはまっているのですが、その横の部分が角ばっていないエッジレスという構造なので、斜めにもって書く人でも書きやすいという特徴があります。

ちなみに、万年筆はペン先を斜めにしないと書きにくいですが、ボールペンは立てたほうが書きやすいですよね。万年筆で書くことに慣れてしまって斜めにペンを持つ人には使いやすいかもしれません。

水性顔料インク使用と公式ホームページにあります。蛍光ペンでなぞると少し滲みます。色を塗る場合には使いにくいです。黄色いネコさんが黒くなってしまいました。

ユニボールRT1

書き味はとてもなめらかで、裏写りや裏抜けもしません。色を塗らない人にはとてもおススメできるペンです。

スタイルフィット

 

スタイルフィットは、ユニボールシグノの水性顔料インク、ジェットストリームの油性インク、 シャープペンのリフィルがあります。ゲルインクはユニボールと同じなので、なめらかで書きやすく、滲んだり裏抜けしたりもしません。私は、ブラウンブラック0.28、ライムグリーン0.28、ローズピンク0.28、ブラック0.5を入れています。スケジュールによって色分けして使っています。また、0.5のブラックを入れていると、何かちゃんとした書類に書かなければいけない時に使えて便利です。

スタイルフィット

 

リフィルには、ジェットストリームの油性インクも選べますが、私は今は使っていません。以前は、ほぼ日手帳のおまけペンでついてくるものと同じでしたので使っていました。実は、上記の裏抜けして黄色くなってしまったページはジェットストリームで書いたものです。

手帳を1年しか使わないという時は、とてもいいペンです。なめらかで書きやすいのに、油性インクなので滲みません。ただほぼ日手帳とは相性が悪いです。数年たって手帳を振り返ってみると、黄色くにじんで何が書いてあるか読めなくなってしまいます。

 

 

ちょっと裏技

スタイルフィットの軸はあまりデザインが気に入らないという場合もあるかと思います。そんなときは、コレトの軸にリフィルが使えます。長さが少し長いのでちょっとだけハサミで切ってから使っています。

リフィル

一番上がコレト、真ん中がスタイルフィット、一番下が改造後です。リフィルを少し切ってから、コレトのノック部分をはめ込んでいます。直径が同じなので使えます。自己責任でお願いします。

改造コレト

Little twin starsのコレトの軸に、改造スタイルフィット芯を入れて使ってます。緑はコレトのままです。

まとめ

ほぼ日に私がおススメしたいボールペンは、ユニボールシグノ極細シリーズです。多色が使いたい時には、同じインクが使われているスタイルフィットがおススメです。

絵を描くときには、このペンなんですが、本当は文字を書くのは万年筆のほうが私は好きです。ほとんど力を入れずに書くことができるので、たくさん文章を書きたい時には万年筆です。

万年筆や、カラーペンもいつかご紹介できたらなと思います。

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

www.happyreina.com

www.happyreina.com