Web
Analytics

わたしのまいにち

ほぼ日手帳や文房具、専業主婦の手帳の使い方を紹介します。無印良品、カルディ、脂肪燃焼ダイエットなど実際に体験したことを詳しくレビューしています。ミニマリストを目指して、日々断捨離中。シンプルで丁寧なライフスタイルを実現させるためのブログ

わたしのまいにち

ダイエットおすすめ記事
主婦の手帳の使い方
2019買ってよかったものリスト
キャノンインスピックレビュー

幸福の木ドラセナの花が咲いた!元気に育てるために気を付けること

ドラセナの花が咲いたら気を付けること

ドラセナの花が咲きました。

30センチほどの小さな幸福の木『ドラセナ・マッサンゲアナ・フレグランス』を購入したのは8年前でした。

どんどん成長して4年経ったころに、一度花を咲かせました。

そしてそれからまた4年。

途中植え替えを何度もして、枝を切って挿し木にしたのに、また花を咲かせてくれました。

ドラセナの花はすごくいい香りがするんですよ。

ただ、花を咲かせてしまうと株が弱ると言われていて、ちょっと注意が必要なんです。

簡単ですけどね。

幸福の木ドラセナ花が咲いた気を付けることをまとめました。

幸福の木『ドラセナ・マッサンゲアナ・フレグランス』の花が咲いた

ドラセナの花

幸福の木は、『ドラセナ・マッサンゲアナ・フレグランス』といいます。

その名前にフレグランスとあるように、花が咲くとカサブランカのような華やかな香りがします。

私が幸福の木を購入したのは、今から8年前。

ネットショップで高さ30センチほどの小さな苗木を購入しました。

どんどん成長して、購入してから4年後に一度花を咲かせてくれました。

幸福の木はめったに花が咲かないので、すごくうれしかったです。

 

その後も1年ごとに鉢を植え替えていたら、さらに大きく成長して2メートルを超すほどに。

天井についてしまったので、切って挿し木にしました。

挿し木の方法はこちら。

2メートルほどの木の幹を50センチくらいに切り分けて、挿し木しました。

コツはいるけど、しっかり根が出て、挿し木した株も大きく育ちました。

ドラセナ

右側が元株。左側が挿し木。

同じくらいのサイズに成長してますね。

他にもいくつか挿し木したので、母と妹にあげました。

4年に一度の開花

前回の開花から4年経って、元株にまたつぼみが付きました。

鉢を植え替えると、どんどん成長してしまうと、グリーンショップの定員さんに聞いて、挿し木してから一度も植え替えていません。

そのせいか、前回の開花よりも小さい花芽です。

花の期間は1か月ほど

つぼみが出てから、1か月ほどかけて成長し開花。

花の期間が長くて、いい香りを毎晩楽しめます。

香りは華やかなフローラル系だけど香るのは夜だけ

夜になると閉じていたつぼみが一斉に開き始めます。

すると華やかな香りが漂ってきて、部屋中が良い香りに包まれます。

強い香りがするけど、自然のものだからか、いやな感じはしないです。

苦手な人はいるかもしれないけどね。

ドラセナの花が咲いたら気を付けること

  • 蜜が飛んで汚れるので何か敷く
  • 花柄もバラバラ落ちてくる
  • 終わったら花芽を根元から切り取る
  • お疲れ様の肥料をあげる

 蜜が飛んで壁や床が汚れるので何か敷く

ドラセナの花の蜜

つぼみが大きくなってくると、ポタポタと花の蜜が落ちてしまいます。

ハチミツのようにベタベタしているので、壁や床についちゃってお掃除が大変でした。

新聞紙や、ビニール袋などをかぶせておくと、後々楽かも。

ドラセナの蜜が垂れる

葉っぱも汚れるとシミみたいになっちゃうので、ビニール袋をかぶせました。

これなら少しは光を通すと思います。

花柄もばらばらと落ちてくる 

ドラセナの花

ユリの小さいやつみたいな花が密集して咲きます。

朝になると花がしぼんで、花柄が落ちます。

バラバラと床にも葉っぱにも落ちるので、新聞紙を敷いておいた方がいいですよ。

ドラセナの花

花が終わったら花芽の根元から切り取る

以前グリーンショップの店員さんに聞いたら、花は咲かせないほうがいいらしいんです。

株が弱ってしまうこともあるんだそう。

つぼみがついたらすぐに切り取るほうがいいですよって言われました。

でも、せっかく咲こうとしてるのに切り取るのも可愛そうで…

 

花が咲き終わると、花芽が乾燥してしぼんできます。

根元から切り取っておくと、またその場所から葉っぱが生えてきます。

お疲れ様の肥料をあげる

観葉植物用の液肥をあげます。

ドラセナは割と育てやすい観葉植物なので、根元に液肥をさしておくだけで大丈夫だそうです。

我が家のドラセナも、液肥をさしておくだけで、次の年もどんどん成長してくれました。

ドラセナの花が咲く様子

ドラセナの花は小さなつぼみが出てから、1か月ちょっとかかって成長し花を咲かせます。

その様子を紹介します。

初めは小さなつぼみ

ドラセナの花のつぼみ

葉っぱが生えてくるてっぺんのところから、小さなつぼみが出てきます。

カリフラワーみたいな感じで、モコモコっとしたものがつぼみ。

この時点では、ほとんど匂いません。

つぼみが徐々に伸びてくる

ドラセナの花のつぼみが伸びてくる

つぼみがどんどん伸びて、重みで垂れ下がってきました。

そろそろ蜜が垂れ始めるので、汚れ防止の対策が必要です。

ドラセナの開花

ドラセナの開花

白い小さな無数の花が咲きました。

ユリ系の華やかな香りが夜だけしてきます。

締め切った部屋だと匂いが強すぎるかも。

昼間はほとんど匂いはしないので、寝室からは離しておくほうがいいかもしれません。

昼間は閉じて夜に咲くドラセナ

ドラセナの花

昼のドラセナ

日中は花びらはすべて閉じて、ツンツンしたつぼみの状態です。

この時は香りはほとんどしません。

ドラセナの花

夜のドラセナ

午後8時を回るころになると、徐々に花が開き始めます。

花が開いて、おしべがぴんぴんと広がってますよね。

香りは夜が更けるごとに、どんどん強くなっていきます。

朝9時ごろには、すべての花がつぼみに戻って、香りもしなくなります。 

幸福の木ドラセナの花が咲いたら気を付けることまとめ

数年に一度咲くと言われているドラセナの花が4年ぶりに開花。

花が咲いたとき、咲いた後に気を付けるべきことを紹介しました。

 

幸福の木って、ハワイで家の玄関の前に置いておくと、幸せがやってくるという言い伝えがあるんだそうです。

我が家にも4年に一度のいい香りの幸せを運んでくれました。

感謝の気持ちを込めて、液肥をぶっ挿しておきます。

気を付けることはそれだけ。

 

www.happyreina.com