アラフォー友人の結婚祝いと無印の救急箱いっぱいのクリアスタンプ

十数年前仕事をしていた時の同期が、先日結婚しました。

彼女は43歳。ひたすら仕事一筋に頑張ってきて、キャリアも積んでました。

 

料理や掃除が苦手で、自分自身を着飾ったりもしないでいた彼女。以前は「職がなくても家のことやってくれる旦那さんいたら結婚してもいいなあ」と言っていましたが、今は同じ職場の男性と結婚して、普通に家事しているそうです。

 

今までは生活の中心は仕事のことばかりだったようですが、これからは、自分自身と旦那さんの幸せのためにも時間を作って公私ともに充実した人生を送ってほしいなと思います。

 

そんな彼女にお祝いを送るためにカードを作ることにしました。今回は、私がいつもカードを作るときに使っているクリアスタンプとその収納法を紹介します。

友人への結婚祝いのカードとスタンプの収納

 

クリアスタンプでカードづくり 

f:id:happyreina:20180823151815j:plain

クリアスタンプは、あまり日本では取り扱っていないかもしれません。海外ではショッピングモールの中などにスクラップブッキングコーナーがたくさんあって、そこにたくさんの商品が並んでいました。専門店もあるくらいです。

 

日本でスタンプといえば、木の持ち手がついてるゴムのスタンプが主流ですよね。私は、以前スクラップブッキングを作っているときにクリアスタンプの存在を知って、使い勝手がよかったのと、かわいいデザインが気に入って、夢中になって集めてしまいました。

 

今回は結婚のお祝い用に作るので、ハリネズミたちが愛を語っているようなスタンプと、2匹並んで肩を組んでいるウサギのスタンプを使いました。

クリアスタンプの使い方

クリアスタンプ
アクリルブロック


このように、透明なシートに透明な樹脂でできたスタンプがたくさん貼り付けてあります。このスタンプをシートからはがし、透明なアクリルブロックに貼り付けて使います。どれも透明なので、押す位置が見やすくて、押し間違いが少なくなります。

 

ほぼ日手帳にも使えて便利

バーサマジック

バーサマジックというインクを使っています。ドロップ型のインクがとてもかわいいですね。このインクはほぼ日手帳に使うこともできます。トモエリバーのような薄い紙でも裏抜けしないし、発色もきれいです。集め始めると沼にはまるものの一つです。 

 

大量のクリアスタンプ

今回結婚祝いカードを作るのに、久しぶりにクリアスタンプを使いました。

 

以前はアルバムを整理したり、スクラップブッキングを作ったりしていたのですが、最近はあまり使っていませんでした。処分しようか悩んでいたのですが、やっぱり好きなものは手に取るとときめきます。これ以上増やさないよう十分管理しながら使っていきたいと思います。 

 

大量のクリアスタンプ

クリアスタンプの収納にピッタリな無印の救急箱

クリアスタンプの収納に使っているのは、無印良品の救急箱です。救急箱のサイズがクリアスタンプにピッタリでした。取っ手がついていて、持ち運びがしやすく、中の仕切りで三つに分かれています。

 

何が入っているのかわかりにくいですが、使うときにバラバラだして使うのも楽しいので、この収納方法でも満足しています。もうこれ以上は増やさずに、この箱に入るだけにします。

無印良品救急箱

 

まとめ

物を処分しようか悩むときには、まず手に取ってみると、どうすべきかわかりました。私にとってのクリアスタンプを使ってのスクラップブッキングは、もくもくと作業できる楽しいものの一つです。無理に処分しないで、トキメク物は残しておきたいと思いました。大事なのは、増えすぎないようちゃんと管理することですね。

 

読んでいただいてありがとうございました。